ウイニングポスト9 初心者向け序盤攻略「シャコーグレイド」の場合

シャコーグレイドを選択した場合の序盤攻略について記載します。
初心者向けなので難易度はEASYです。

牧場の開設地域は安平がおすすめです。
同じ地域に強豪牧場があるため種付け権などを譲ってくれたりします!

最初は強制的に共同通信杯出走です。
3月からレースをプレイヤーがレース選択できるようになります。

3月にすること

皐月賞出走権の獲得
最初の目標として、皐月賞出走権の獲得が課せられます。
そのため、弥生賞、スプリングS、若葉Sのどれかに出走させますが、
おすすめは弥生賞です。

レース登録画面で出走馬の強さがわかります。
「弥生20」などの横に馬マークがありますが、その色で強さが分かれます。

強さ順:虹>金>銀>銅

弥生賞:弥生20(銀色)
スプリングS:スプS(金色)
若葉S:若葉20(虹色)

弥生賞が一番相手が弱いレースになるのでおすすめです。

騎手の変更
初期の騎手は能力が低いです。
天馬さんから「新たな出会い」が貰えるので、それで新たな騎手と出会います。

ここでは板橋さんと出会いました。
大体○ぐらいの騎手と出会える感覚です。

早速、レース選択画面で弥生賞の騎手を板橋さんに変更します。

その後、弥生賞に出走して無事皐月賞出走権を獲得しました。

短期放牧の活用
レース後、シャコーグレイドは疲労が溜まっているため、一週間の放牧に出します。
ウイニングポストでは、レース後に1週間放牧させるテクニックが一般的です。

初期繁殖牝馬に何を選ぶか

皐月賞後、天城さんから繁殖牝馬がもらえます。
ここは好みで選んでもいいのです。私はミホクイーンを選びました。

4月にすること

幼駒が誕生
幼駒は出生時の印が重要です。
河童木、美香の印ついていると将来期待できます。
印がない場合は8月1週目のセールで売却してしまいます。

生まれた仔、印がないので8月1週目のセールで売却します。

皐月賞に出走
皐月賞5着以内が目標に課せられています。
闘志を上げるコマンド「賞賛の言葉」があれば事前につかってしまいます。
このゲームでは闘志が重要になってきます。

トウカイテイオーに勝つには難しいですが、5着以内は普通に確保できます。

レースが終わったら1週放牧
レースが終わったら疲労回復のため、1週放牧に出します。

NHKマイルカップに登録
5月のレース、NHKマイルカップに出走登録しておきます。

2歳馬の選択
皐月賞が終わった後、2歳馬がもらえます。
皐月賞5着以内だと、サクラセカイオー、ヤマニンミラクルが選択肢に増えます。
ここは能力が高いサクラセカイオーを選びます。

5月にすること

種付け
所有繁殖牝馬に種付けします。
インブリードは避けて配合評価と爆発力が高い種牡馬を選定すればいいです。
もし、配合評価で☆が出たら史実馬が生まれるので、優先的に種付けします。

NHKマイルカップ出走
相手がコンディション次第ですが、勝てる可能性のあるレースです。
早ければ、ここで初のG1馬になれると思います。

日本ダービー出走
日本ダービーは5着以内が目標に課せられています。
ここもトウカイテイオーに勝つことは難しいですが、5着以内は普通に確保できます。

調教師の放牧提案に注意
ダービー後、調教師さんが放牧提案してくると思いますが注意です。
言われたとおり放牧すると、次のレースでは仕上がりません。
レース後の放牧は疲労具合を見て1,2週程度にとどめておくといいです。

↑7週も放牧すると、セントライト記念のときは調子△仕上がりぐらいになります。

6,7月にすること

シャコーグレイドをレースに使っていきます。
レースの開催表を見て、なるべく勝てそうなところにエントリーしていきます。

下のレース表、7月2週の七夕賞(七夕20)の馬マークが銀色だったため、そこに出走しました。
私の出走例ですが、9月までに7月2週七夕賞→8月4週札幌記念に出走させました。

8月にすること

8月1週、幼駒セール
幼駒の購入・売却ができます。
自分の幼駒が印無しだった場合、ここで売却します。

幼駒購入時のポイントですが、以下2点です。
①史実馬(馬名に☆マークがついたもの)。
②お守りマークがついている馬。
③牝馬がおすすめ(引退後、繁殖牝馬になるため)

私は2.5億円でゴールデンジャックを購入しました。
購入理由
①史実で重賞勝ちしている。
②牝馬なので引退後、繁殖牝馬になれる。
③産駒に重賞勝ち馬(サイドワインダー)がいる。

牝馬の場合、購入額が高くなっても産駒の賞金、売却額でカバーできます。

8月5週、幼駒譲渡イベント
この時点で1歳幼駒を所持していないと、天馬さんからダイナエッセ90がもらえます。
この馬は重賞勝ち狙えますし、繁殖牝馬として優れています。

9~12月にすること

菊花賞は回避して天皇賞(秋)へ
9月3週のセントライト記念に出走させた後、菊花賞は回避します。
距離3000mはシャコーグレイドにとって厳しいです。

代わり2000mの天皇賞(秋)にエントリーします。
ここも闘志があれば十分に勝つチャンスあります。

サクラセカイオーのデビュー
順調にいけば、8~9月ぐらいでサクラセカイオーがデビューすると思います。
2歳のうちは無理させず、調子◎で出走→1週放牧を繰り返しましょう。

ジャパンカップ、有馬記念は回避
11、12月のジャパンカップ、有馬記念は回避します。
メジロマックイーンがいるため、勝つことが難しいです。

12月3週、海外トレーニングセール
注目馬はダンツシアトルです。能力的には金の殿堂入りも狙えます。
購入するかはお財布と相談です。
来年の海外トレーニングセールでは超大物ヒシアマゾンが登場します。
それに向けて20億ぐらいは確保しておきたいです。

参考までに今年のレース

参考までにシャコーグレイドが今年出たレースを記載します。

2/1:共同通信杯1着
3/2:弥生賞1着
4/3:皐月賞2着
5/2:NHKマイルカップ1着
5/5:日本ダービー2着
7/2:七夕賞1着
8/4:札幌記念1着
9/3:セントライト記念1着
10/5:天皇賞(秋)1着

ウイニングポスト9「私的おすすめ幼駒(1991年)」

コメント

タイトルとURLをコピーしました