ウイニングポスト9「サッカーボーイ子系統確立プレイにリベンジ!」1994~1996年

1994年

幼駒は購入しませんでした。サッカーボーイ産駒は史実馬以外は自家生産馬を走らせる予定です。
また、ドンナリリディア90が自己所有種牡馬になったので、繁殖牝馬は大量買いしています。

サッカーボーイ産駒の成績

ゴーゴーゼット(史実馬:3歳)
豪州G1、欧州3歳G1などでG1を8勝!
芝質は重い欧州芝適正なのですが、豪州G1なら勝てますね!

キョウトシチー(史実馬:3歳)
ジャパンダートダービーに勝利!
JBCはトウセイニケイを避けてスプリントに出走して勝利!これでJpn1に2勝目です。
成長遅めなので、3歳でトウケイニセイに挑むのは厳しい…
距離適正が下限以下となりますが、トウケイニセイが出走するJBCクラシックよりスプリントのほうが勝率が高いです!

ショウワロマン90(架空馬:4歳)
豪州は中心にG1を3勝! ショウワロマン90は架空馬ですが、中々良い馬です。
サッカーボーイ系統確立プレイするならおすすめです!

その他の馬は重賞・オープン勝ちするするのですがG1は勝てずといったところです。

本年の年末、産駒の活躍でサッカーボーイの種付け料は1000万円にUP。
シンジーケート入りしました。

前回のプレイだとサッカーボーイの種付け頭数に苦労したのですが…
本プレイだと、サッカーボーイの息子であるドンナリリディア90が種牡馬入りしているので苦労することはありません!
サッカーボーイがブックフルになったら、ドンナリリディア90で種付けしていきます!

1995年

幼駒などは購入しませんでした。

サッカーボーイ産駒の成

ゴーゴーゼット(史実馬:4歳)
欧州で活躍G1などでG1を6勝!種付け料1500万円で引退。
種付け料は血統支配率に大きな影響があるので、高額な種付け料で種牡馬入りは嬉しいです!

キョウトシチー(史実馬:4歳)
国内無双!Jpn1を中心にG1を8勝!
闘志5、調子◎、優秀な騎手をそろえれば、トウケイニセイとも渡り合えます!

ショウワロマン90(架空馬:5歳)
豪州は中心にG1を6勝! 成長遅めなので、来年も活躍してくれます!

サウンドバリヤー(史実馬:3歳)
日本ダービー、ジャパンカップなど制覇!
そこそこの能力ですが、調子・闘志を整えてあげればG1でも勝負できます!

リーディングサイアーでサッカボーイが1位になりました。種付け料は1750万まで上昇!
前回のプレイでは毎年2,3位だったので調子いいです!
本ブログではG1クラスの馬しか紹介していませんが、サッカーボーイ産駒の産駒はたくさん走らせています!重賞勝ちする仔もいるので、リーディングサイアーに大きく貢献してくれています。

また、産駒の活躍でファイントップ系(サッカーボーイの属する系統)の芝質が日本適正になりました。これはメリット・デメリット、どちらもありますね。国内のレースに勝ちやすくなりますが、欧州の海外G1では勝ちにくくなります。

1996年

幼駒ナリタトップロードを購入しましたが、出番はあまりないかも…

サッカーボーイの産駒の成績

キョウトシチー(史実馬:5歳)
国内無双!Jpn1を中心にG1を9勝!
国内無双だと、ドバイワールドカップ、BCクラシックに挑戦させたくなります…
でも我慢しています…この年代には最強クラスのダート馬である米国馬シガーがいます。
シガーは強すぎる…

ショウワロマン90(架空馬:6歳)
豪州は中心にG1を6勝!
毎年、豪州に行ってG1を2,3勝しています。

サウンドバリヤー(史実馬:4歳)
G1連勝で秋古馬3冠に挑むが、マヤノトップガンに阻まれる。
トップガンは成長遅めです…古馬となってからのトップガンは強いですね。
年末、引退して種付け料1500万円で種牡馬入りしました!

サッカーボーイの種付け料2200万円に上昇。
年末処理後、ファイントップ系の国内血統支配率5.6%。
国内のファイントップ系は、ほぼサッカーボーイ系統だけです。
来年年末には系統確立いけそうです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました