ウイニングポスト9「シャコーグレイドの子供達とがんばる!」6

昨年はジュニアがJpn1を勝利してくれました。
今年は中央G1であるフェブラリーステークスから始動です。
適正距離が1700m~のジュニア。1600mのフェブラリーではどうなるか。

3着でした。アブクマポーロが強い。

G3のマーチステークスでは完勝。
続くJpn1のかしわ記念でも勝利。
アブクマポーロ、メイセイオペラがいなければ完勝できます。
(レース結果は写真は撮り忘れて後で取ったので5歳となっています)

かしわ記念に勝利したことで古馬ダート路線で四雄の中に入りました、

このレース後、ジュニアの能力が全て明らかになりました。
パワー、健康は父譲り。スピード、瞬発力、精神力が父のシャコーグレイドをパワーアップさせた感じです。瞬発力がSあれば稲妻配合できたのですがおしい!

今年の幼駒が生まれました。
今年は粒揃いです。

ジュニアは次に帝王賞に挑みます。距離があっているので期待。
結果、アブクマポートを破るものの、シデンカイに敗北。2着
シデンカイは架空のスーパーホースかな?

その後、重賞戦線に挑戦していくのですが、おしいレースは続くものの勝利できず。
2着→2着→5着→3着→3着

ジュニア、成長早めなので今年で引退かな~って思っていたのですが、来年も現役でいけそうです。来年はレースを絞って勝利を狙っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました