ウイニングポスト9「ライスシャワー宝塚記念回避プレイ」後編

プレイ条件

目標:ライスシャワーの95年宝塚記念出走回避(種牡馬入りは無理でした)
難易度:EASY
牧場引継ぎ有り
セーブ&ロード多用

1993年

夏までは去年と同じ
サクラセカイオー、レオダーバンをライスシャワーにぶつけます。
なお、重賞だと2着でも収得賞金が入ってしまうため、時には2頭出しでライスシャワーの2着入りを阻止します。

夏からビワハヤヒ達の出番
4歳の夏、収得賞金が半減します。本プレイですと1760万円→880万円に半減。
これでライスシャワーは1000万下の条件馬になります。
ここから条件馬として置いておいたビワハヤヒデなど3歳馬を順番にライスシャワーにぶつけます。

1回ライスシャワーに勝利した馬は1600万下に昇格します。
この馬は寿命を減らさないよう月末放牧でもしながら1600万下の状態にしておきます。
ぶつけられる条件馬がいなくなった場合、ライスシャワーも1600万下に上がってきます。
そこで、これらの1600万下の馬を順番にぶつけていきます。

ナリタブライアンは新馬戦勝利程度に留めておく
来年、ナリタブライアンも条件戦でライスシャワーと走ってもらいます。
そのため、2歳時は新馬戦勝利程度にとどめておきます。

93年 ライスシャワーの成績
1月3週 日経新春杯:3着
3月4週 阪神大賞典:3着
6月2週 三田特別:2着
7月3週 信夫山特別:1着
8月5週 ライラック賞:2着
10月3週 赤富士S:3着
11月4週 ウェルカムS:2着
12月4週 グレイトフルS:2着

1994年

やることは去年と同じ
去年と同じ作業です。
ただ、ライスシャワーが4月に骨折し、10月後半から復帰するのでレース数が少ないです。

ビワハヤヒデ達が再び条件馬に
ビワハヤヒデ達はオープン馬になっている思いますが、4歳夏に収得賞金半減するので条件馬になります。また、ライスシャワーと戦うため、月末放牧でもしながら条件馬の状態に留めておきます。

94年 ライスシャワーの成績
2月1週 早春S:2着
3月5週 日経賞:3着
12月4週 グレイトフルS:3着

1995年

6月2週までは去年とやることは同じ
去年と同様に条件戦でライスシャワーと戦って勝利します。

そして運命の宝塚記念
ウイニングポスト9では条件馬にファン投票は入らないみたいです。
6月2週の時点でライスシャワーは1600万下のため、宝塚記念を回避することができました。

6月3週のSSです。宝塚記念ではなく7月2週の阿武隈Sに向かうようです。

宝塚記念回避できたが種牡馬には…

種牡馬にはできなかった…
この後、G1取れれば種牡馬にできるかもと思って的場騎手はライスシャワーをお返ししました。
そして、何度もセーブ&ロードしてライスシャワーが秋古馬3冠をとれるようにしたのですが…種牡馬にはなれませんでした。

12月4週のSSです。この後、有馬記念にも勝つのですが種牡馬になれませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました