ウイニングポスト9 2020 種牡馬の種付け料

系統確立では種付け料が重要です。
出走レースで種付け料がどれぐらい変わるか試してみました。
データ量が少なく中途半端な感じですが、役に立つ人がいるかもしれないので公開します!

どんなことをしたか

3~8歳まで毎年同じレースに出走し勝利を重ねた場合、勝利数によって種付け料がどれぐらい変わるか試してみました。

(例)ジ・エベレストに出走する場合
3歳でジ・エベレストに1勝→3歳で種牡馬になった際の種付け料
4歳でジ・エベレストに2勝→4歳で種牡馬になった際の種付け料
↓(略)
8歳でジ・エベレストに6勝→8歳で種牡馬になった際の種付け料

試したレース

試したレースは以下の通りです。賞金が高いor安い、G1とG2って感じです。

・ジ・エベレスト:G1、 1着賞金 5億2000万円
・フィーチャリティS(豪):G1、1着賞金 2700万円
・ドバイゴールドC :G2、 1着賞金 9000万円
・ハンザ賞 :G2、1着賞金600万円

本実験で走ってくれたのはナリタブライアンです!
海外レースに出走するため、新馬戦、東スポ杯2歳Sを制しています。

結果

当たり前の結果ですが、賞金が高いG1が種牡馬になった際の種付け料が高いですね。

種付け料は以下の順でした。
賞金が高いG1>賞金が低いG1>賞金が高いG2>賞金が低いG2

※ドバイゴールドCは3歳時に出走できないので、勝利数が1つ少ないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました